本 映画 美術館

キングダム 今更ながら読んでみる

f:id:Cafepierre:20171014185356j:image

2017年夏

 

特に面白い海外ドラマが見つからずに退屈だったので、キングダムを読んでみることにした。

 

以前は少年コミックが周りに転がっていることが多かったので、自分で買って読んだことはなかったが、ここしばらくは環境がすっかり変わっている。

 

キングダムを一度も読んだ事がなかったし、最近、テレビで芸人が試し読みしてハマる様をみるまで、タイトルすら知らなかった。

 

1巻を読んだだけで、ハマってしまうらしい。

 

次が読みたくて、仕方がなくなるらしい。

 

ああ、私も是非読んでみたい。

 

 f:id:Cafepierre:20171014185510j:image

 

 でも、どうやって?

 

すでに、数10冊は出版されているのを全部買うか?

いやいや、家に置き場所がない。

 

そういえば、映画と音楽しか借りてなかったTSUTAYAだけど、コミックも置いてあったことを思い出した。

 

それだ!

レンタルだ!

 

コミック10冊500円クーポンが、TSUTAYAアプリ経由で届いたタイミングで借りに行く。

 

まずは、10冊。

 

内容も知らないまま、なんの予備知識もないまま、まとめて借りてみる。

 

コミックを借りるのは初めてだったので、カバーごと全部カウンターに持って行ってしまい、「次回からカバーから抜いて中身だけお持ちください」と面倒くさそうな店員から注意を受けた。

 

しまった、そうか。

DVDとかCDと同じシステムか。

わかった。

 

f:id:Cafepierre:20171014185634j:image

 

大人になるとすでに、いろんなドラマや映画や本や音楽を見たり聞いたりしているので、余程面白くて、自分好みでないと時間を割く気がしない。

 

時間が有限であると肌で感じてもいるし、実際に自由になる時間も少ない。

 

更に、個性が強くなり、好みもうるさくなる。

 

なので、なかなかお気に入りには巡り会えないのだ。

 

まとめて借りてはみたものの、面白くなければ読まずに返すことも厭わない。

 

しかし、キングダムは面白かった。

読んでるとドキドキしたり、切なくなったりする。

どハマりや。

 

内容は、中国の紀元前の戦国時代が舞台。

 

戦争孤児で、奴隷として裕福な家で差別を受けながら働く2人の少年がいる。

 

のし上がるには、武功を上げるしかないと、使用人として働く傍ら、隙を見ては、武術を磨く。

 

いずれは将軍になることを夢見て。

 

そんなある日、あるキッカケから、戦に巻き込まれていく2人・・・。

 

とここまでで、だいたい1、2巻の部分。

これから、どんどん話が進んでいく。

 

もちろん、今は45巻以上ぐらいだから、かなり進んでいる。

 

かなりのおすすめコミック。

TSUTAYAでコミックというのもアリだ。

最近、コミックエリアがかなり広くなったのもうなづける。

 

別にTSUTAYAの回し者ではないが。

漫画喫茶でも、購入もありでしょう。

 

世界でも認められていて、友好の架け橋になっていると言っても過言ではない日本の漫画文化に親しむのも悪くない。