本 映画 美術館

2016年 訪れた美術館一覧

ボッティチェリ展  東京都美術館 

知ってある作品はありませんでしたが、ボッティチェリの描く美しい女性を見ることができました。

神聖な雰囲気でした。

f:id:Cafepierre:20170914183702j:image

f:id:Cafepierre:20170914183727j:image

f:id:Cafepierre:20170914183759j:image

 

 

PARIS オートクチュール-世界に一つだけの服                

                                                三菱一号館美術館

 

 

モードとインテリアの20世紀展

 

 

あいだみつを美術館

有楽町 国際フォーラム内

場所柄、それほど広くもないかと思いましたが.作品数は多くて30分以上は必要でした。

あまり時間がなくて、駆け足で見なければならなかったのが残念でした。

中のインテリアも工夫がしてあります。

f:id:Cafepierre:20170914183855j:image

f:id:Cafepierre:20170914184600j:image

 

 

ポンピドゥセンター傑作展

有名な巨匠たちの絵を満遍なく展示してありました。

傑作とまではいかないけれど、各巨匠らしいタッチの作品を揃えています。

例えば、ゴッホなら「厚塗りカラフルー」のように。

一通りの芸風を見たり比べたりするのに良い展覧会だと感じました。

f:id:Cafepierre:20170914183931j:image

f:id:Cafepierre:20170914183955j:image

 

 

世界の刺繍  

文化服飾学院博物館

刺繍がにわかにブームの昨今、その名のとおり世界の刺繍を見ることができました。

なかなか面白かったです。

f:id:Cafepierre:20170914190611j:image

f:id:Cafepierre:20170914190638j:image

f:id:Cafepierre:20170914190706j:image

 

 

ヴィトン展  赤坂特設会場

 

 

MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事

国立新美術館

 

 

 

子供もファッション  小さい人たちへの眼差し

東京都庭園美術館

ヨーロッパでは、中世から子供もオシャレで可愛い。

中世では、ただ単に大人のドレスのミニ版を着せられていた子供達。

さぞ窮屈だったことでしょう。

男の子に至っては、子供の時は容赦なくドレスを着せられていたと聞いて驚きました。

いずれにしても可愛いでしょうけどね・・・。

服飾の歴史も楽しめました。

f:id:Cafepierre:20170914184131j:image

f:id:Cafepierre:20170914184154j:image

f:id:Cafepierre:20170914184221j:image

 

 

歴史が育んだ大陸の色彩  ロシア民芸品の魅力

アクセサリー美術館

ロシア民芸品は一部屋で、ほぼ常設展示を楽しんだ感じです。

一軒家を改装したような室内に所狭しと素敵なアクセサリーが並んでいますが、なかなか良い雰囲気です。

1人でじっくり楽しめます。

ステンドガラスなども美しかったです。

f:id:Cafepierre:20170914184252j:image

 

ヨーロッパ近代絵画展        松岡美術館

作品を買い集めた松岡さんのセンスが素晴らしい。

 

f:id:Cafepierre:20170914184319j:image

f:id:Cafepierre:20170914184348j:image

f:id:Cafepierre:20170914184422j:image

 

アールヌーボー装飾磁器 三井記念美術館

f:id:Cafepierre:20170914184500j:image

 f:id:Cafepierre:20170914184526j:image

 

生誕130年記念 藤田嗣治展 東と西を結ぶ絵画展
府中市美術館

f:id:Cafepierre:20170914184728j:image

f:id:Cafepierre:20170914185206j:image

f:id:Cafepierre:20170914185228j:image

f:id:Cafepierre:20170914185250j:image

f:id:Cafepierre:20170914185319j:image

f:id:Cafepierre:20170914185341j:image

f:id:Cafepierre:20170914185405j:image

f:id:Cafepierre:20170914185435j:image

f:id:Cafepierre:20170914185501j:image

 

 

リートヘェルト ブルーナ

f:id:Cafepierre:20170914190759j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サロンクバヤ シンガポール癒しのスタイル 2016年9月

 渋谷区立松濤美術館

 

渋谷は苦手で迷いつつ到着しました。

 

渋谷駅から徒歩15分ぐらい、大きめの通りから、右に曲がるあります。

 

初めて行きましたが、外観が、とても立派です。

 

室内は、こじんまりしています。

 

私の他に鑑賞している人はいませんでしたので、ゆっくり見て、ゆっくり写真を撮ることができました。

 

シンガポール航空の制服は、民族衣装のアレンジで柄がとても素敵です。

 

ただ、シェイプはとてもタイトなので、これを着るにはスタイルを保つ必要がありますね。

 

 

 

f:id:Cafepierre:20170913213551j:plain

 

f:id:Cafepierre:20170913213650j:plain

 

f:id:Cafepierre:20170913213819j:plain

 

f:id:Cafepierre:20170913213853j:plain

 

f:id:Cafepierre:20170913213956j:plain

 

f:id:Cafepierre:20170913214046j:plain

 

f:id:Cafepierre:20170913214308j:plain

 

 

f:id:Cafepierre:20170913214355j:plain

 

f:id:Cafepierre:20170913214525j:plain

 

 

f:id:Cafepierre:20170913214611j:plain

  

 

f:id:Cafepierre:20170913214657j:plain

 

f:id:Cafepierre:20170913214743j:plain

 

 

f:id:Cafepierre:20170913214825j:plain

 

 

f:id:Cafepierre:20170913214901j:plain

 

 

 

 

 

贈る展 宝塚衣装展示 2016年

銀座ギャラリーの手芸入賞作品展

 

f:id:Cafepierre:20170913183630j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913183653j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913183713j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913183744j:image 

 

f:id:Cafepierre:20170913183842j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913183906j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913183932j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913183957j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913184027j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913184053j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913184130j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913184154j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913184215j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913184246j:image

 

日比谷シャンテ

ディテール参考

f:id:Cafepierre:20170913184324j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913184359j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913184439j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913184542j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913184613j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913184704j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913184840j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913184924j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913185007j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913185046j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913185129j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913185209j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913185234j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913185340j:image

 

 

MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事 2016年6月

国立新美術館

 

服飾デザイナー 三宅一生さんの展覧会。

 

1970年から約45年間の軌跡。

 

三宅さんの考え方やデザインへのアプローチを明らかにします。

 

多様な仕事ぶりや未来のさらなる創作を紹介。

 

ミヤケイツセイと言えば、プリーツ。

プリーツ生成の機械の展示、実演もありました。

 

とにかく、カラフルであり形が自由なのに、なんだか着心地も良さそうでした。

 

デザインを起こすミヤケさんもすごいけど、パターンを起こすパタンナーさんも素晴らしい。

 

一体どうやってあれをパターンに?と驚かされました。

 

f:id:Cafepierre:20170913103120j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913103323j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913103648j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913104913j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913105418j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913170021j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913105828j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913105851j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913110143j:image

 

 f:id:Cafepierre:20170913170050j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913170739j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913170801j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913170827j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913173500j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913173622j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913173704j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913174020j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913174058j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913174117j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913174143j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913175031j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913175050j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913175114j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913175133j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913175200j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913175223j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913175248j:image

 

f:id:Cafepierre:20170913175426j:image

 

 

 

 

 

PARIS オートクチュール-世界に一つだけの服 2016年5月

三菱一号館美術館

 

パリにあるモード美術館から貸し出された貴重なドレスの展示会。

 

シャネル、クリスチャン・ディオール、ジャン=ポール・ゴルチエなどの手がけたドレスが展示されていました。


当時のフランスでは、ドレスは洗わないものだったようですので、少々使用感もあります。

 

洗わずに着回し・・・。

香水が発展したのもうなづけますね。

 

一部、撮影可能だったので撮ってきました。

一昔前とは思えないデザインです。

 

モリヌー 1937年

f:id:Cafepierre:20170912000433j:image

 

ゴルチェ 2006年

f:id:Cafepierre:20170912000507j:image

 

スキャバレリ 1938年

f:id:Cafepierre:20170912090102j:image

 

シャネル 1930年頃

f:id:Cafepierre:20170912090202j:image

 

マドレーヌ・ヴィオ

f:id:Cafepierre:20170912090344j:image

 

シャネル

f:id:Cafepierre:20170912090539j:image

 

f:id:Cafepierre:20170912090728j:image

 

f:id:Cafepierre:20170912090824j:image

 

f:id:Cafepierre:20170912091020j:image

 

グレ  1947年

f:id:Cafepierre:20170912091137j:image

 

ルシル・パレ 1|37年

f:id:Cafepierre:20170912091419j:image

 ロレール・ピゲ  1939年

f:id:Cafepierre:20170912184420j:image

 

f:id:Cafepierre:20170912184621j:image

 

f:id:Cafepierre:20170912184727j:image

 

 スキャバレリ

 f:id:Cafepierre:20170912184951j:image

 

f:id:Cafepierre:20170912185132j:image

 

f:id:Cafepierre:20170912185250j:image

 

 

 

ヴィトン展 2016年6月

ちょっとわかりにくい赤坂の片隅で、大規模なヴィトン展が開かれていました。

 

歴代の旅行鞄を置くスペースのディスプレイもとても凝っていて、ちょっとした美術館のようでした。

 

今回は実際に制作しているスタッフも来ていて、目の前でパーツを組み立てたり、何かを塗ったりする様子を実演してくれました。

 

写真撮影が自由でしたので、たくさん撮影して来ました。

 

エントランス

f:id:Cafepierre:20170831210941j:image

f:id:Cafepierre:20170905182448j:image

f:id:Cafepierre:20170905182520j:image

 

船旅などで使用する旅行鞄

f:id:Cafepierre:20170831211034j:image

 

持ち歩けるティーセット

f:id:Cafepierre:20170831211147j:image

 

歴代のデザイン

 f:id:Cafepierre:20170831212446j:image

 

f:id:Cafepierre:20170905182243j:image

 

f:id:Cafepierre:20170905182315j:image

 

f:id:Cafepierre:20170905182415j:image

 

なんと、お茶道具入れまでありました。

美しい。

f:id:Cafepierre:20170831212528j:image

 

飛行機のプロペラが作ってありました。

奥の四角は通路で人が出入りするので大きさがわかると思います。

f:id:Cafepierre:20170831211254j:image

 

洋服もあります。

f:id:Cafepierre:20170831211337j:image

 

f:id:Cafepierre:20170905182558j:image

 

f:id:Cafepierre:20170905182632j:image

 

f:id:Cafepierre:20170905182716j:image

 

板垣退助のネーム入り鞄。とてもお洒落だったようです。

f:id:Cafepierre:20170831211457j:image

 

グラフィック

f:id:Cafepierre:20170905182812j:image

 

f:id:Cafepierre:20170905182840j:image

 

f:id:Cafepierre:20170905182956j:image

 

f:id:Cafepierre:20170905190146j:image

 

もはや、何も入らなくても良い?

究極のバッグ?

 

f:id:Cafepierre:20170905202354j:image

 

二人の職人さんが実演してくれていました。フランス人の方。

f:id:Cafepierre:20170831211525j:image

ミュシャ展 2017年5月

国立新美術館

 

大規模なミュシャ展が六本木の国立新美術館で開かれていました。平日の昼間にもかかわらず、建物の外まで行列が出来ていて、入場するのに30分近くかかりました。

 

あまり内容を知らずに誘われて行きましたが、中に入ってびっくり、とても大きな絵が所狭しと並んでいます。

また人も溢れています。

 

半分以上のエリアで撮影可能でしたので、写真を撮りました。

スラブ叙事詩の連作です。

女性がとても魅力的に描かれています。

 

絵の一部ですが、女の子がとても可愛いです。

f:id:Cafepierre:20170831185002j:image

 

 表情に釘づけになりました。

f:id:Cafepierre:20170831185101j:image

 

少年も美少年です。 

f:id:Cafepierre:20170831185156j:image

 

幻想的でしばらく見上げていました。

f:id:Cafepierre:20170831185256j:image