地球のどこかの青い空の下

海外ひとり旅のおもひで

イスタンブールの青い空の下② 旅行の準備


予約が終わったらそれほどやることはない
ガイドブックの購入
行先が決定してからすぐに買ったのはガイドブックです。ホテル選びなどに必要です。
本屋で各社のトルコ版ガイドブックをチェックしましたが、結局購入しいたのはいつもと同じ「地球の歩き方」です。なかなかこの本を超える情報量のガイドブックは出てきませんね。

トルコにはイスタンブール以外にも観光客に人気のある都市があります。ガイドブックはトルコ版ですので当然ながら他の都市の情報も含まれています。旅行中、肌身離さず持ち歩くことになるガイドブックは軽い方が良いので、少々抵抗はありますが本を分割して行かない都市の部分は日本に置いていきます。

今回はカッターで以下のように3分割して簡単にテープで補強しました。
   ・トルコのガイダンス、イスタンブール部分
   ・他の都市の部分
   ・旅の準備とテクニック部分

他の都市以外の2冊を旅行に持って行き、現地ではイスタンブール部分の1冊を持ち歩きます。半分ぐらいの重さになります。

旅エッセイ本も購入
地球の歩き方 トルコ版」は1冊でトルコ全体を紹介していて、イスタンブール部分の情報が物足りないので、他の本も探すことにしました。本屋に行って関連本をみたら、素敵な写真とイラストでイスタンブールを紹介している本がありました。「イスタンブール路地裏散歩」という本です。

おすすめ観光ルートや街の様子が女性目線で詳しく書いてあり、見るだけでも楽しい本です。特にイスタンブールに多い猫と現地の人たちのふれあいの様子などが書かれているところは、猫好きの人にはたまらないでしょう。私は動物は全般的に好きで猫も大好きです。


常にいらない服は保管していて、旅行の時に持っていきます。靴下もそろそろ処分かなというものを多めに持っていきます。いつも旅行の荷物は少ない方ですが帰りに服をホテルに置いてくることによってスーツケースが更に軽くなります。お土産なども楽々入れることができます。

ただこれはホテルにとっては、はた迷惑な話ですし忘れ物と勘違いされる可能性もありますので、帰るときにはメモとチップも一緒に置くようにしています。メモにはお詫びと処分のお願いを書いておきます。

お茶セット
口にする物すべてがいつもとは違います。せめてホテルでくつろぐときに飲むコーヒーとお茶ぐらいは慣れ親しんだ味であると嬉しいです。愛飲しているコーヒーとお茶、ドリップ器具と陶器カップを持っていきます。これらも帰りにはすべてホテルに置いてきますので、100円均一ショップで購入したりします。キッチン付きなので湯沸しポットはあると信じて。実際、ありました。

エコバッグ
意外に役立ちました。白い薄い布のしわしわエコバッグを持っていったのですがとても重宝しました。財布などの貴重品は肩掛けバッグに入れて持ち歩いていますが、取り出す機会の多いガイドブックをいちいち厳重なバックから出し入れするのはかなり面倒です。そこで!このエコバック。

バッグの2つ持ちはわずらわしいので日本ではしませんが海外ではその方が楽でした。薄い布のしわしわエコバッグにガイドブックやペットボトルやちょこっと買った物などを入れておきます。しわしわバッグをひったくろうとする人はいませんからね。

ファッション的に素敵かと聞かれれば、断じて素敵ではないです。でもそこがまた海外で安全に過ごすポイントでもあると思っています。あまりおしゃれで目立つ格好をしないこと。安全の方が大事なのです。

猫じゃらし 数本
イスタンブール路地裏散歩」を参考に100円均一ショップで購入して持っていきました。

イスタンブールには本当に猫がたくさんいます。のら猫ですが近所の人に定期的にエサをもらっている「半飼い状態」で人にとてもなついています。ちょっと休憩して座っていると「遊んでー!」とばかりに寄ってきたり、さらに人懐っこい猫は地図を見ている私の膝の上に乗ってきてくつろぎ始めたりもします。

そこでこの猫じゃらしの登場です。イスタンブールではあまり使用しないのか、取り出すと猫はもちろん夢中になりますが、現地の人も興味深そうに見ています。

子供(人間)が、羨ましそうな眼をして使いたい様子満点で寄ってきたりします。その場合には貸して、そのままプレゼントします。

猫がかじってべとべとにするので、ビニール袋にいれて上記のエコバッグで持ち歩いていました。基本的にはのら猫なので病気をもっている可能性もあり注意が必要です。たくさんいる猫がとてもかわいいのは子猫が多いからで、大きい猫が少ないのはのら猫なのであまり長生きできないのではないかと思いました。

紫外線対策
女性(最近は男性にも?)の大敵、紫外線。

秋といえでも、観光では外にいる時間がかなり長くなりますので紫外線対策は重要です。つば付きの帽子と効果最強とされる資生堂アネッサを購入。アネッサは私には成分が強いので普段使いはしませんがイベント時には使用します。

スケジュール
飛行機の乗り換えの待ち時間が長いので観光地のまわり方などはその時に決めることにして、それまでは適当にガイドブックを見て楽しみます。日々の仕事の疲れとストレスが癒されます。

私の旅のスケジュール管理はざっくり派です。臨機応変に変更したりもします。

一番大切なのはバケーションを楽しむことだと考えているからです。


イスタンブールの青い空の下① 行先とチケットとホテル

 

女ひとり旅、どこに行こう。
2014年の夏。秋のバケーションはどこに行こうか考えていました。

メジャーな観光地へのパックツアーなら思いつきで選んでもいいけど、海外女ひとり旅となると考慮すべき点がたくさんあります。

予算や現地の季節はもちろん、女ひとりの海外旅行では安全性が一番重要です。日本より安全な国はなさそうで、安全性を求めるなら国内にとどまるべきだけど行きたいものは仕方がない。行きたい気持ちと安全性の折り合いがつけられそうな国を外務省のページを参考にして探します。

■外務省海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/

周遊は楽しいけど飛行機や電車の時間を考えたり荷物を運んだりするのは、個人旅行では面倒で危険でもあります。時間をあまり気にしなくていいのが休日のいい所だし、あまりがんばりすぎるとバケーションではなく修行になっちゃうし。

ここはのんびり優雅に1都市滞在で、いろいろ見所がある都市と考えてトルコのイスタンブールに行くことにしました。11月だと少し気温が低いので10月に1週間程度滞在する予定です。

海外旅行は予約から勝負が始まっている
良い航空券とホテルが予約できれば旅行の半分は成功でしょう。

私はまったく潔癖ではありませんが、設備が清潔で綺麗でないといまいち気持ちが悪くて心からくつろげません。中にはあまり気にならない方もいらっしゃるようですが、日本人女性で同様の人は少なくないと思います。

航空券とホテルはWEBサイトで予約します。

今となっては当たり前ですね。航空券の予約ですが最近は料金比較サイトが多くて便利になりました。反面、検索結果が同じではないので比較サイトをまず比較することになります。

画面遷移が遅すぎたり、燃料費が入っていなかったり、見にくいデザインだったりということもありますが、そもそも一番安い航空券が出てこなかったりします。

いろいろ見ましたが、使いやすくて最安値の航空券が出てくるので2014年は、「Expedia」で予約しました。当時は「格安航空券」で検索してもトップページに出てこなかったと思いますが、最近はTVコマーシャルでもよく見ます。使いやすいサイトだったので人気が出るのも納得です。

ただ、今日(2017年)実験的にスマホで「格安航空券」を検索したら、トップページにGoogleが行先や出発日をすぐに入力できる検索窓を出していました。試しに使ってみると、とてもサクサク動いて使い易いので「おお!」と少し感動しました。数年の進化が素晴らしい。さらに検索結果も偏ってないように思われました。パッと見ですけどね。

選ぶ基準ですが、方向音痴の私が知らない土地に大きい荷物を持って夜中に降り立つ。なんて恐ろしいことはまず考えられないので到着が朝から15時頃の便にします。

飛行機より交通事故に会う確率の方が高いなんて言われています。飛行機に乗っているより、そのあたりを散歩している方が確率的には危険?!なんて事は、にわかには信じがたいけど、まあそうなのかもしれません。

安全な乗り物、飛行機。なので航空会社による安全性の差は、あまり気にしなくていいのでしょう。しかし、そこは人情。少しでも飛行機、整備、パイロットが良い航空会社を選びたいです。

アメリカの航空会社には腕の良いパイロットが多いと聞きます。経験している飛行時間がそもそも違うとか、元空軍のパイロットが多いとか、短い滑走路でも楽々着陸するとか。
確かに着陸がとても上手くて着地に気が付かなくて驚いた事がありましたが、アメリカの航空会社でした。

逆にアメリカの航空会社で、かなり年配の男性パイロットが自分の乗る飛行機に入っていくのを見た後に、上空でかなり揺れたときはドキドキしました。ただ単に天候が原因だったのかと思いますが。まあでも、パイロットを選ぶ術はありませんね。

結局、資金が沢山あって機材や整備に十分投資していて、石油が出るおかげで価格も抑えることができているカタール航空に決定しました。時間より価格重視で、乗り換えの待ち時間が7時間。7時間は長いけど待機するドーハの空港は新しく、休憩室などの設備が整っていそうなので何とかなるでしょう。

成田を23時ごろ出発して、イスタンブールに15時頃到着する約7万の航空券です。

ホテルの予約はまた一仕事
「海外での安全はお金で買う」なんてよく言います。
ピカピカの広いロビーでコンシェルジュやポーターが常時いるような星付き高級ホテルなら、立地も良くてさぞ安全でしょう。しかし、残念ながらそんなホテルを利用できる程、予算に余裕がないのです。

仕方がないので安全は時間で買います。
ガイドブックと予約サイトと見比べて、少しでも安全そうな場所の中級クラスのホテルをじっくり時間をかけて探していきます。

ガイドブックではまず、空港からなるべく簡単にリーズナブルにアクセスできる地域と手段を調べます。また地域ごとの治安も調べて、どの地域が治安がよく空港から安全にアクセスできそうかを見ます。数通りのアクセス方法と地域が候補に挙がります。

ヨーロッパは、旧市街と新市街があることが多いように思えます。旧市街はその名のとおり、古い町並みが残っていて世界遺産や見どころが多く栄えているのでレストランもお店も多いエリアです。新市街は、旧市街の北にあることが多い印象です。港などが近くて栄えた旧市街よりもっと北や内陸に新しくできた街で、「最近流行っています」的な、新しくてキレイでおしゃれなファッション店、レストラン、カフェや住宅が並んでいます。

治安はというと旧市街は、観光地が徒歩圏内で観光地に集まる観光客目当ての悪い人も集まっています。旧市街から少し外れたところに危険エリアがあることもあります。新市街は観光地に行くのにバスや電車に乗る必要がありますが富裕層が住んでいて比較的安全です。周りには高級住宅などがあります。

ホテル比較サイトもいろいろ比較しましたが、2014年は「Booking.com」が一番使い易かったです。ガイドブックに出ているホテルは価格目安程度にみますが基本的にサイトでじっくり探していきます。このサイトも今年になってテレビコマーシャルで良く見かけます。

■ホテル選択基準
・比較的安全そうなエリア内
・空港からアクセスの良い駅かリムジンバス発着所から近め
・きれいで清潔
・シャワートイレ付き
・テレビき
wifi付き
・できれば、湯沸しポット付き
・1泊7〜8千円以下

過去の滞在者が残したコメントも参考にして探しますが、短期滞在のアメリカ人の若者やインド人の言う「清潔できれい」と日本人の言うそれとはかなりの差があるのでそのあたりも加味して読んでいきます。
「えっ?このホテルがそんなに褒める程良い?」と写真とコメントを見比べて驚くことが日本人には多々あることでしょう。

旅行へ行った興奮が冷めないうちに書いたハイテンション外国人のベタ褒めコメントにも要注意です。読んでいて面白いですけどね。

リサーチを進めていくと、旧市街に近いホテルはやはり建物が古いので内装も古いことが多いのがわかります。また土地も限られているので部屋も狭く、観光地に近いのでそれ程安くもないようです。

新市街はすこしおしゃれな中級ホテルが多いですが綺麗なところは、価格もそれなりです。そしてやはりヨーロッパから近いということもあるのか、条件の良いリーズナブルなホテルはすでに長期バケーションの予約で埋まっています。少し日付をずらしても、全部埋まってしまっています。バケーション慣れした国の人たちはやはり目ざといし早いと感心しました。10月のホテルを8月の中旬に探していましたがそれでも遅かったのかもしれません。

それでも諦めないで、一つ一つ頑張って調べていくうちに見つけました!
掘り出しものの素敵なホテル。
まだコメントは外国の方の数件しかなかったようですが、立地も良くてキッチン付きなので湯沸しポットもあるであろう、新しいホテル。

その名も「NEW HOUSE」です。

イスタンブールのアタチュルク空港から直行のシャトルバスが、新市街のタクスィム広場まで出ていて約40分、10TLで到着できるのですが、そのタクスィム広場まで徒歩5分ぐらいのところにあります。

1泊7千円弱で5泊。計3万5千円。
ダブルルームでとても広そうです。

ホテルが見つかった時には夜が明けてきていました。

 

群馬の赤じそ シソジュースを作る

群馬の友人の所へ遊びに行ったら赤じそがたくさん茂っていて、聞けば赤じそジュースなるものを作っているという。
美味しいらしいので、灼熱の太陽の下で赤じそを収穫させてもらいました。
家に帰ってきて、とりあえず全部洗ってビニール袋に入れて冷蔵庫へ。
なんせ、1個や2個のボールに収まる量ではないのです。
親切な友人は、録画していた作り方のビデオも見せてくれたので、次の日早速作ってみました。

材料
赤じそ 400グラム (茎を取り葉っぱだけの重さ スーパーの中ぐらいの袋いっぱいぐらい)
水 2リットル
クエン酸 25グラム(お好みで調整)
砂糖 1キロ (お好みで調整)

①赤じそを3回ぐらい洗う

f:id:Cafepierre:20170724184108j:image


② 鍋で2リットルの水を沸騰させたら、赤じそを数回に分けて入れて煮出しては取り出す
1分以内に取り出すこと

取り出した赤じそは軽く絞り、絞り汁をなべに戻す
絞りすぎないこと
f:id:Cafepierre:20170724184158j:image

 

③ 漉してから、砂糖を入れる(私は500グラム)
クエン酸を入れる(私は20グラム)
色が、鮮やかな赤になる

f:id:Cafepierre:20170724184229j:image


④ 冷めたらペットボトルなどに移して出来上がり❗️
あっという間に出来てすぐ飲めます。

レシピの分量だと冷蔵庫で1年保管できるようです。水や炭酸で薄めて飲みます。アルコールを入れたりゼリー作ったりもできます。

シソの良い香りがしてとても美味しいです❗️
クエン酸の酸味が爽やかで、暑さで疲れた体もスッキリするような気がします。夏に最適。

かなり大量の赤じそが必要なので手に入ったら是非試してほしいです。
私に庭があれば赤じそを育てて作りたいぐらいです。

f:id:Cafepierre:20170724184245j:image


ちなみにこのレシピは、クエン酸の容器の後にも書いてありました。薬局で売っていたクエン酸です。

f:id:Cafepierre:20170724184300j:image


現在、煮出した赤じそを干してゆかりを作っています。作り方と結果を追って追記します。

 

 

 

旅行ブログの開設③



旅行の記録を残そうとブログを初めて早3週間、ブログサイトが気に入らなくて放浪しています。もはや、旅行ではなく、無料ブログ開設のブログになっています。Seesaaブログ⇒FC2⇒アメブロに引っ越しを繰り返しました。

FC2に移る前に、実は以下の2つのブログも試しています。

Blogger
Googleが提供するサービスで運営側の広告がなく、自分の広告は貼れるサイトです。
アカウントを作成していく途中で、「アドレスに登録してある人たちにブログの開設をお知らせしますか」というような内容のことを聞いてきました。
gmailでアカウントを作成するのでそんなことになってしまうのかととても驚き、またそんな余計なことをされては困るし、なんだか怖くなったのですぐ撤収しました。

■Tumblr
海外で人気のサービスでブログというよりSNSに近いけど、いろいろ自由なようなので試しにアカウントを作成してみます。このサービスを使用しているブログがみつからなかったので仕方なくアカウントを作成しました。
ログインして少し、触ってみるものの、やり方がよくわからない。
今どき簡易ブログサービスで画面を見てやり方がわからないなんて、問題外と思いすぐ撤収。

ブログサイトの比較の記事を読むとWordPressという有料ブログがとても良さそうです。
サーバとドメインを別途契約する必要があるけど、とても自由度が高いです。
運営側の広告も一切ありません。
少々知識も必要なようですがそれを勉強するのも楽しそうだと思いました。
でも、そもそもブログを書くことをどこまで続けられるのか疑問なので、とりあえずは無料でアメーバに落ち着くつもりでした。

アメーバは、固定広告だけかと思ったら、スマホ画面の下に2行になったり1行になったりする広告が出たりしました。やはり無料サイトは広告が多すぎる。仕方がないけど。

試しにはてなブログにも開設してみることにしました。

はてなブログ
・無料
・自分の広告が貼れる
・固定広告のみ(スクロールする度にスマホの真ん中に出てくる広告がない)
・画面遷移が早く、作成が簡単
・アプリをダウンロードしたが見やすく、アクセス数がすぐわかる(UU数かページビュー数かは不明
・昨日開設したが、今のところアクセスは0。

参考に、はてなブログに開設したページのURLを載せようと思い、検索してみましたが検索結果に出てきませんでした。公開しているのに残念です。アクセスがゼロなのは当然ですね。

無料ブログの放浪にも飽きてきたので、次回からは旅行ブログを書こうと思います。

旅行ブログの開設②

 


最初は、Seesaaブログで始めましたが、うっとおしいスクロール広告と画面遷移の遅さで引っ越すことにしました。
再度いろいろなサイトを参考にどの無料ブログサイトにするか検討します。

-無料サイトで
-自分の広告なども貼れると楽しいかも
-検索に全然引っかからないのは寂しい ⇒検索上位サイト
-写真もある程度アップしたい ⇒容量がある程度ある

上記の条件で検討した結果、少々イメージが悪いものの条件的には一番良い“FC2”に引っ越すことにしました。
容量はそこそこあるしいずれは自分の広告も貼れて検索でもひっかかりやすそうでした。
早速FC2で開設してスマホでページを確認すると、なんと!ここでもスクロール広告が出てくるではありませんか!
選ぶときにFC2の他のブログを見たら、動かない広告はあったものの、スクロールはなかったのに。

私がチェックした既存のブログサイトは、FC2の有料版だったのかもしれません。
もしくは、たまたま見たときはスクロール広告がなかったのかも。

ともかく、UU数とページビューを確認しようとしたすぐ確認できたのは同じFC2ユーザの訪問者のIDが2名分だけでした。UU数はどこで見るのかといろいろ探したら、なんと!UU数やページビューのデータを取るには自分でサイト上の項目にページURLを入力して抽出したテキストを、ページ内に毎回コピペしなければなりませんでした。
なんともわずらわしい。なんとか、作業を終えてUU数とページビューを確認できましたがやはりまた引っ越すことにしました。

とにかく、スクロール広告がないところにしようと思い、結局アメーバに引っ越してきました。アメブロは自分の広告は貼れませんが仕方がないです。
やはり、無料では条件を満たすのは厳しいというのが結論です。

■FC2ブログ
良い点
・検索上位
・容量が大きい
悪い点
・スクロールする度に真ん中に広告がでる
・UU数を出すのに自分で各ページに設定をしなければならない

アメーバブログ
良い点
・今のところ、スクロール広告が出ていない
・検索上位
悪い点
・広告が貼れない

アメブロに開設してやっとスクロール広告からは解放されました。UU数やページビューも自分で各ページにプログラムを組み込むことなくデータが取れます。
ただ、UU数などのデータの反映は1日1回、朝8時に前日分が出るので逐一チェックしたいと思ってもタイムリーな情報はありません。

サイトで調べたら、検索上位なのは
1位 FC2
2位 アメーバ
で、サイト全体の力としてはそのようになるのかと思いますが、実際自分で開設してみるとUU数とページビューは、ホームページの上位に新しいブログサイトを紹介してくれるSeesaaが一番多いです。
ただし、これは最初だけかとは思います。
同じ内容のページなら、時間の経過と共に言われているようにFC2などで開いている方が有利なのでしょうね。

今のところ、一番ページビューがあるのはSeesaa
スクロール広告がなくて落ち着いて読めるのはアメーバ。
管理サイトが見やすくてタイムリーな情報で一番良いのはSeesaaです。
こうなったら、はてなブログ試してみようかな。

○参考:Seesaaのサイト
http://cafepierre.seesaa.net/article/450840060.html

○参考:FC2のサイト
http://cafepierre.blog.fc2.com/


#無料ブログ
#UU数
#FC2ブログ

 

 

 

 

無料ブログの開設

旅行ブログの開設

 

一人旅の思い出の記録を残すためにブログを始めたいと思いつつ数年。
最近やっと時間とやる気が湧いてきました。

 

手元にあった勝間和代さんの本「目立つ力」を読み返します。
どちらかというと目立ちたくはないのだけど。とタイトルに抵抗を覚えつつもブログ作成の本なので購入していました。

発行はだいぶ前だけど、さすがは和代ちゃん。理解力の乏しい私にもわかりやすく重要なポイントは漏らさず説明してくれています。基本的な考え方はまったく今も同じですね。

 

目的は、旅行の記録と文章の練習。

一人旅の記録を自分の為に残しておきたい。
ガイドブックの情報は足りなくて苦労したこともあるので必要な方に参考にしてもらえれば嬉しい。
英語はもちろん母国語の日本語の表現が下手なので書くことで練習になればいいといいと思いました。

 

とりあえずは無料で始めたいので無料ブログサイトを選びます。
いろいろな方が比較したサイトをアップしてくれているので参考にします。


-無料サイトで
-広告なども貼れると楽しいかも
-検索に全然引っかからないのは寂しい ⇒検索上位サイト
-写真もある程度アップしたい ⇒容量がある程度ある

上記の条件を満たし、イメージ的にも良い“Seesaaブログ”で開設することにしました。


Seesaaブログ

 

良い点
・開始すると上位表示してくれるので訪問者がすぐ増える
・UU数(訪問してくれた人の数)とページビュー数を管理画面で簡単に確認できる

 

悪い点
・上位表示が終わると訪問者が激減する(ブログの面白さにも問題あり)
・スクロールする度に真ん中に出ては下がっていく広告が数日後に出始めた
・パソコンで記事を編集する際に画面遷移がとても遅い

 

初めてすぐはUU数がどんどん上がるのが楽しくて、気ままに更新するはずが毎日更新していました。

1週間でUU数が50人になった次の日に5人ぐらいにガクッと落ち込んだので、やる気が失せたところにスマホ画面にうっとおしい広告が出始めたのでさっさと引っ越しを決意しました。

おかげで旅のブログを書くつもりが無料ブログ開設のブログになっています。


○参考:Seesaaのサイト
http://cafepierre.seesaa.net/article/450840060.html